番犬の番犬を目指すGNV

Maika Kajigaya

Maika Kajigaya

担当:サハラ以南のアフリカ・・・読者の方々がよりアフリカを身近に感じられるように、日本の報道からは知り得ないアフリカで起きている問題や現象を伝えていきます。歴史などの背景を犠牲にすることなく、理解が深まるようなわかりやすい記事を目指します。

こちらの記事もどうぞ

6 レスポンス

  1. アバター より:

    それぞれの記事や活動でどういったことを大事にしているのかがよくわかりました。この活動がさらに広がっていくといいですね!

  2. アバター まっちゃん より:

    これからの国際問題に国民がさらに意識を向けるよう、今後も多角的な見方をした報道を期待します。

  3. アバター 安倍晋三 より:

    紙面スペース等の都合上、何か載せると、何かを消さないといけない。どうやら著者はスポーツ報道を毛嫌いしているみたいだから、きちんと主張するべきだ。「スポーツを消して開いた面を国際面にしろ」と。そして叩かれればいいんじゃないか?

    娯楽記事など要らないという者は、娯楽こそが収入源であるという側面をきちんと知るべきだ。正直私自身、運動面も囲碁将棋もテレビ欄も全く読まない。しかし、それがあるおかげで金を払う奴がいる。その金で報道がある。国際報道もしかり。著者にとり不都合な真実かも知れないが、扇情報道に文句言うのならまだしも、スポーツ報道の存在が誰かの迷惑になっているのでないのだから黙ってろということ。

    また、貧困等が取り上げられないのは新規性が皆無だからでしょう。勿論重要課題には違いないが、ニュースではない。国際報道に限らずニュースにならなければ「とはもの」もない。ましてや紙面スペースの都合も考えれば……。新聞に出来ないからこそ、ニュースサイトでない貴サイトでやる価値があるのだろう。これは役割の違いだ。それと客観性云々言ってるけど左に寄りすぎではないか。

    番犬の番犬の番犬っぽくなってしまいましたが、国際情勢を取り扱うメディアとして貴サイトには、GLOBEやフォーサイト、クーリエと並んで貴重な存在に育って欲しい思います。応援しています。

  4. アバター エヌケイ より:

    多様性と客観性。
    グローバル化が進みボーダーレスな方向に一直線と思いきや、大国の自国偏重主義も増大。
    そんな中で、GNVが掲げる精神。最大公約数か、妥協点なのか、最適化が非常に困難に思えるテーマに、真正面から正攻法で取り組んでいく姿勢に好感が持てますし、期待するところも大です。

  5. アバター ノワール より:

    客観的な報道は必要だが理想的すぎる、という表現に特に感銘を受けました。GNVの方針などが非常にわかりやすく、今後もこちらのサイトでの報道を見ていきたいと思います。

  6. アバター hermione より:

    とても分かりやすかったです!
    GNVのライターでありながら客観的にGNVについて書くのは難しかっただろうと思いますが、丁寧に描いていただいて読みやすかったです。

hermione にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA