「肌色」と美:アフリカの化粧品業界

Ayano Shiotsuki

Ayano Shiotsuki

役職:広報戦略リーダー / 担当:サハラ以南のアフリカ・・・アフリカにおける問題として、貧困や紛争が最も思い浮かべやすいでしょう。しかし、特にアフリカの農村地域などにはまだまだ世界で知られていない問題がたくさん存在します。このような問題についてより多くの人にわかりやすくお伝えしていきたいです。

こちらの記事もどうぞ

4 レスポンス

  1. アバター cosmetic より:

    アフリカの化粧品市場肌の広がり、全然知りませんでした!日本にも 美白 という言葉がありますが、色の多様性が広がっていってほしいと思いました。

  2. アバター So より:

    私も無意識に「白くなりたい」と思い、「美白」化粧品を使用しています。
    「白くなりたい」と思うことは悪いことではありませんが、自身の根底にある意識を見直そうと思いました。また、「白が美しい」と意味する「美白」という言葉の危険性も感じました。
    珍しくポジティブな内容で非常に興味深い記事でした。

  3. アバター 匿名 より:

    肌の色の言葉選びに配慮されていて、とても良い文章だなと思いました。

  4. アバター マカロン より:

    自分にとって、全く知らないトピックだったのでとても勉強になりました。
    化粧品の製品紹介で「美白」を謳っているものも、肌が濃い人々の目線からしたら良い気はしないと思うので、無意識に使っている言葉にも気をつけるべきだと気付かされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA