世界最悪の汚職事件?:マレーシア

Madoka Konishi

Madoka Konishi

担当:サハラ以南のアフリカ・・・紛争・教育・女性と子どもなどの問題に興味があります。日本にいるとなかなか知ることのできないアフリカの姿をわかりやすくお届けします。

こちらの記事もどうぞ

7 レスポンス

  1. 豆腐 より:

    文字通り、「汚い」事件ですね。
    この汚職がうやむやにされぬよう、司法と市民が汚職に関わった人々をしっかりと裁くことを期待します。
    文中にもありましたがここでメディアの監視による抑止力が重要なポイントだと感じました。
    最近ではいろんな国で知る権利や通信や報道、表現の自由を脅かしたりする法案が見え隠れしつつあります。(つい最近だとシンガポールがやばそう)
    このような権力の濫用を裁き抑止する正義が、世界共通の財産として根付くのはいつだろうと夢見るばかりです……

  2. T より:

    汚職には想像以上に沢山のアクターが関与しているのだなと思いました。これほど越境的にお金が動いていると一国の努力だけでは改善ができないので、根本的解決は難しいように思います。汚職に関わっている他国企業を起訴したりってできるのでしょうか?

  3. より:

    これほど多くのアクターが複雑に関与している事件が実際に存在すること自体に驚きました。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のこともとても皮肉だなと思いました。タックスヘイブンやペーパーカンパニーのことについてもっと知りたいです。

  4. より:

    汚職はいずれ発覚するのに、イメージ第一なはずの政治家たちばっかりが汚職に関わる理由が理解できないです。

  5. hermione より:

    これほどの汚職事件が一定期間ばれなかったことに驚きでした。

  6. S より:

    タックスヘイブンなどを利用して世界規模でお金が動き、世界規模で汚職が行われていて驚きました。世界規模でこうした汚職が行われないように一国だけでなく世界的なシステム構築の必要性を感じました。

  7. より:

    様々なアクターが上手く機能して、これほど複雑に絡まった汚職が成立していたことがすごいなと思った。
    「グローバル化」がうたわれる現代社会ですが、弊害としてこのような世界規模の金融の流通による汚職も挙げられるなと気づかされた。
    世界には貧困や環境問題、教育問題などまだまだ解決されなければならない問題が山積みなのに、その問題を目の前にしてこのような事件が起こっていると思うととても悲しい気持ちになる。

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA