ヨーロッパではない「ヨーロッパ」

こちらの記事もどうぞ

8 レスポンス

  1. ABC より:

    戦争、軍基地、核兵器の実験、タックスヘイブン・・
    チャゴス諸島の住民が全員故郷から強制移住。
    ポリネシアの住民の被爆。
    ひどい話ばかり。歴史がまだこんなに現在も響き続けているんですね。
    ヨーロッパによる小さな島々への大きいな迷惑。

  2. より:

    こんなに広い範囲でEU諸国の領土が残っているとは知りませんでした。その上で独立したいと思っていない地域があることも驚きでした。ニューカレドニアの独立運動にこれからも注目していきたいと思いました。

  3. hermione より:

    EUの海外地域が独立を目指す理由は、経済的なもの、政治的なものだと思っていましたが、核問題やタックスヘイブンの問題なども潜んでいたことには驚きでした。

  4. ettubrute より:

    国連憲章は民族自決権をうたっているが、現状を変えたい領土をサポートするかどうかを期待しています。

  5. pinkhair より:

    同じ地域にある、もしくは隣り合ってるような地域であってもEU領であるか否かによって経済状況や扱いが異なることそれ自体の問題点はあまり想像がつかなかったけど、タックスヘイブン問題での租税回避によって途上国が害を被っているのならそれは大問題だと思いました。
    結局、自称先進国たちの都合のいいように使われていると思うとムカつきますね。

  6. J より:

    大戦の爪痕がこんなに長く残っているとは驚きました。
    地域の自治権が最大限尊重されてほしいと思います。

  7. EU より:

    EUの国はヨーロッパ大陸以外にもこれほど多くの島があることに驚きました。核実験やタックスヘイブンなどに利用されていることも初めて知りました。安定している国もあるが、大国からの被害を被っている島は独立が達成されるべきだと思います。

  8. cd より:

    世界から孤立するのは本当に恐ろしいことになるんですね...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA