言語多様性の謎:パプアニューギニア

Nanami Yoshimura

役職:副リーダー / 担当:東南アジア・・・情報が比較的手に入りやすい東南アジアですが、そこからさらに掘り下げた内容を目標としています。主に文化や社会に関心を持っており、記事執筆を通して他の分野にも広く意識を向けたいです。

こちらの記事もどうぞ

4 レスポンス

  1. GNVファン より:

    パプアニューギニアにそんなに多くの言語があったなんて知りませんでした。
    3つの要因の説明が分かりやすかったです。
    今まで言語は少なくてもコミュニケーションが円滑になるからそこまで問題ないという風に思っていましたが、「ひとつひとつの言語が世界や人生に関する個別の異なった視点を提供する」という側面があると知って感銘を受けました。

  2. K より:

    パプアニューギニアにこれほどの言語が現存していることに驚きました。
    多様性を保持するための取り組みも興味深かったです。

  3. hermione より:

    パプアニューギニアにこれほどたくさんの言語があったなんて初めて知りました。
    言語の消滅が進む中で、言語の統一化に向かうのではなく多様性を保持する取組みが行われていることが面白いと思いました。

  4. s より:

    1つの国にこんなにもたくさんの言語があることに驚きました。多様な言語を用いて実際にどのようにコミュニケーションを行っているのか気になりました。今後も言語の消滅を防ぎ、多様性を保持していってほしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA