カンボジア:違法取引の温床

Namie Wilson

Namie Wilson

担当:東南アジア・オセアニア・・・一見親しみのあるように感じる東南アジアはよく災害のことでしか日本では報道されていません。知られざる現状について分かりやすく伝えていきます。

こちらの記事もどうぞ

8 レスポンス

  1. アバター おの より:

    カンボジアは去年の夏に行きましたが、このような問題が根強く残っているとは知りませんでした。特に動物の密輸や森林破壊は個人的にアフリカのイメージが強かったので、近いアジアでも起こっていることが衝撃でした。こうした色んな問題、日本も関係ないとは言えないですね。
    読みやすかったです!

  2. アバター こま より:

    カンボジア、全然知らなかったので、まず、知識として知ったことが多かった。タバコや人身売買もグローバル化の恩恵をうけて波及していることがあり、この記事をきっかけに日本にいながらでも、生活を構成する一場面から、世界のどこかの問題を、深められると知った。今まで以上に、Made in 〇〇に注目したいと思いました。

  3. アバター みぞ より:

    違法取引の温床となっている原因の根深さは、正に政府国家の上層部が関係している事。悪の連鎖も貧困の連鎖も、断ち切る方法やチャンスを探さねば。それを探し実行に移すのは容易ではないが、貧困に喘ぐ者がさらに苦しむ状況は作ってはならない。

  4. アバター ah より:

    カンボジアにおいてこれほど違法取引があることに驚きました。政府や国家の上層部の人々がこれらの違法取引に関係する以上、恩恵を受けるので、政府に解決策を求めるのは無駄ですね。政府が率いた汚職はほかの国でも見られます。政府は国民のために働くはずですが、権力の濫用で政府本来の存在意義がなくなるのは残念なことです。

  5. アバター VNG より:

    様々な問題の中でも人身売買は非常に衝撃的でした。身近な国で人身売買、なかでも性的人身売買が行われているとは思いもしませんでした。
    日本などの先進国からの観光客が性的人身売買を利用していることは非常に問題だと思います。人身売買を止める取り組み、規制も必要ですが、人身売買を利用する側を規制することも重要だと痛感しました。

  6. アバター かわ より:

    いつの時代でも多くの人たちの飽くなき欲望。そして犠牲になるのは貧しい人、立場の弱い子供、女性たちです。アジア圏をはじめ
    世界各国で同じ様な問題がたくさん有りますが、どうすれば少しでも無くしていけるのでしょうね。これからの若い世代に希望を託します。
    記事では難しい問題をわかりやすく説明してくれていて読みやすかったです。ありがとうございます。

  7. アバター くろいわんちゃん より:

    こんなにも色々な違法取引が横行してるなんて…政府の規制以外に市民社会組織や国際機関などはどのような動きをしてるんでしょうか?ローズウッドや象牙なんかは国際的に取引が規制されてる中で、政府は関係機関とどんな連携をしてるのかが気になりました!

  8. アバター エネルギー より:

    カンボジアの貧困によって違法取引が無くならず、またこの違法取引によって搾取され貧しくなっていく、、という負のスパイラルが見えました。非常に残念です。
    特に、先進国の人々や政府関係者が人身売買による性的サービスを利用することは深刻な問題だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA