日本のためになっていない国際報道の現状

Virgil Hawkins

Virgil Hawkins

役職:プロジェクトマネジャー / 大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授、南アフリカ フリーステート大学 客員教授 / 専門:国際政治(特にアフリカ)、メディア学

こちらの記事もどうぞ

2 レスポンス

  1. アバター さそり より:

    自国ファーストの報道が、結果的に自国の首を絞めることになるというのが大変興味深かった。改めて偏った報道はすべきでないと感じたし、世界を包括的に理解することが問題解決や改善につながるのだと思った。

  2. アバター メディア より:

    グローバル化に伴って他人事とみなせる問題や事象がなくなってきていることを改めて認識できました。報道側が関心を「作っていく」立場となって情報を発信していってほしいと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA