ソマリア:安定を目指して

Hisahiro Furukawa

Hisahiro Furukawa

役職:データベースシステム管理リーダー/担当:サハラ以南アフリカ・・・日本ではあまり報道されることのないサハラ以南アフリカが抱える問題や事情について、様々な観点から分析し、可能な限りわかりやすくお伝えしたいと思います。

こちらの記事もどうぞ

5 レスポンス

  1. アバター マカロン より:

    ソマリアの例から、政治的混乱を起こさずに国を統治することはとても難しいのだと感じました。

  2. アバター まる より:

    氏族という民族的なアイデンティティを政治に持ち込むことについて考えさせられました。また自治政府と中央政府の関係を考えると、自治を推進させればさせるほど連帯することは難しくなるし、逆に中央集権制を強めると衝突が激しくなるだろうし、立場が明確にしにくいと感じました。ソマリアの海賊についてはうっすら知っていましたがこのような歴史的・政治的背景があることに驚きました。

  3. アバター より:

    難しい歴史の内容を分かりやすい年表にまとめられていて理解しやすかったです。

  4. アバター 匿名 より:

    グラフィックとても分かりやすかったです!

  5. アバター 匿名 より:

    本来、AMISOMや米軍はポジティブな影響を与えようとソマリアに介入するのに、その資金や安全性、期限という制約による撤退で、むしろソマリアに政治的・軍事的空白に起因する不安定をもたらしてしまうというのは、一種のアイロニーであり、避けられない難しい問題だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA