オマーン:平和への星は輝き続ける?

Taku Okada

Taku Okada

役職:マネジングディレクター/担当:中東・北アフリカ・・・日本ではほとんど知られていない中東・北アフリカ地域の歴史・現状を広い視野で客観的かつ詳細にお伝えします。

こちらの記事もどうぞ

3 レスポンス

  1. アバター hermione より:

    オマーンについて長期政権で独裁という印象が強かったのですが、
    外交面で柔軟な立ち回りをしているとは知りませんでした。
    中東にはやはり紛争などのステレオタイプなイメージがありますが、
    オマーンにはぜひそれを壊して平和の星としての役割を果たしてほしいと思います。

  2. アバター より:

    国内の人権問題と外交関係での友好関係の構築に試みという2つの側面があることが面白いなと思いました。新しい国王に期待ですね。

  3. アバター dfgh より:

    オマーンは外交政策についてほとんど知らなかったので、今まで抱いていたイメージとは大きく異なり驚きました。
    新国王が統治するオマーンが興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA