揺れるハイチの概要

こちらの記事もどうぞ

6 レスポンス

  1. loyal prescriber より:

    大国が経済的、政治的、軍事的に水面下でこんなにも圧力をかけていることをこの記事を読むまで知らなかった。
    不法資本流出のように、大国が途上国を搾取することで潤う実質的な帝国主義が今も続いていることを改めて思い知った。

  2. hermione より:

    歴史的な問題をはじめ、大国からの圧力、自然災害など、ハイチを苦しめる要因がこれほど多くあることを初めて知りました。
    簡単に解決できる問題ではなく改善には長い時間を要しそうであり、心が痛くなりました。

  3. kkk より:

    何でハイチがフランスに賠償金を払わなければいけないの??
    何でアメリカに最低賃金上げるの反対されないといけなの??
    軍事政権民主政治大統領まで全部操られて
    地震後に制度も利用されて
    こんな悲しいひどいことってあるんだ、、と驚きました。

  4. sk より:

    アメリカやフランスといった大国からこれほど干渉を受けている事実を初めてりました。特に、災害を利用して介入を強めたことには衝撃を受けました。さらに、国を良くする立場にある大統領までも国民が苦しんでいる現状にかまわず汚職を行っていて悲しく感じました。問題は複雑ですが、この状況を多くの人に知ってもらうことが改善の一歩につながると思いました。

  5. メディアウォッチャー より:

    民間軍事会社の人たちがハイチ中央銀行付近で逮捕された事件について、
    かなり詳細で証拠(第1資料)付きの調査報道の長い記事が出ています。
    https://cepr.shorthandstories.com/haiti-contractors/index.html
    どう見ても極めて怪しい事件ですね・・・

  6. とまこ より:

    植民地責任論に代表されるように、強国優位の構図は戦争が終結したとされようと、根強く残っているのだと少し意識すれば気づきます。おかしな話に違いないのに、声を上げるべき人や国が声を上げない。このままじゃ何も変わらないと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA