東南アジアのLGBTの今

Yow Shuning

Yow Shuning

役職:広報戦略・グラフィック / 担当:東南アジア・オセアニア・・・東南アジアと太平洋地域の諸国が地理的に日本から近いにも関わらず、その国々についての報道は日本では未だに少ないと言えます。そこで、東南アジアと太平洋地域に焦点を当て、その現状を伝えたいです。

こちらの記事もどうぞ

5 レスポンス

  1. ひかる より:

    とても勉強になりました。日本人は、LGBTについても宗教についても比較的疎いので。台湾などで同性愛が認められたことは知っていたが、逆戻りしてしまっているケースもあるのかと驚いた。性自認も恋愛も自己表現のうちのひとつ。綺麗事かもしれないけれど、すべての人が誰にも邪魔されずに本当の自分を出せる世界になるといいなと思います。

  2. より:

    とても興味深い記事でした。宗教的理由でLGBTの人々の権利が奪われているのは聞いていましたが、実際に国民全体としてもあまりLGBTに対して良いイメージを持っていない国もあるということは知らなかったので驚きました。LGBT保護の活動がもっと広がっていくといいなと思います。

  3. たまこ より:

    「LGBTを矯正する」という表現が印象的でした。私は性的少数者ではないので、全面的にLGBTの方々を理解することはできませんが、誰かを愛することに性別を固定させる必要はあるのだろうか?と感じる場合がしばしばあります。徐々に寛容な世界になることを祈るばかりです。

  4. hermione より:

    タイはLGBTに全面的に寛容なのだと思っていました。
    これほど世界的にLGBTが認められつつある中でまだまだ課題は山積みですね。

  5. GNVfan より:

    植民地時代に制定された法がその後深く人々の価値観に影響するんだなと思い、その責任は重いなと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA