ガボンとフランスの「特別」な関係

Hisahiro Furukawa

Hisahiro Furukawa

役職:データベースシステム管理リーダー/担当:サハラ以南アフリカ・・・日本ではあまり報道されることのないサハラ以南アフリカが抱える問題や事情について、様々な観点から分析し、可能な限りわかりやすくお伝えしたいと思います。

こちらの記事もどうぞ

1 件のレスポンスがあります

  1. アバター まかろん より:

    植民地支配を受けた国々は、現代でも多方面で宗主国の影響を受けているのだと実感しました。
    その背景には、CFAフランなど国の中枢機能に関わる部分で、宗主国が介在しているからだと読み取れます。
    とはいえ、ガボンがイギリスに接近していることも興味深く、今後の外交関係に注目したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA