2021年潜んだ世界の10大ニュース

Rioka Tateishi

Rioka Tateishi

役職:校正/担当:中東・北アフリカ・・・地域としてのイメージが先行して、一つ一つの国にあまり焦点を当てられていない中東・北アフリカについて、「知らない」から「もっと知りたい」へと繋げられるような記事を書いていきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ

8 レスポンス

  1. アバター みにめ より:

    知らないことばかりでした。実際、知らなくても困らないニュースもあるんだとは思います。でも、貧困や気候変動をはじめ「知らなかった」で済ましていいレベルではない問題がたくさん詰まっていて、多くの人に読んでほしいと思いました。
    ポッドキャストも楽しみにしています。

  2. アバター ワールドウォッチャー より:

    今年も10大ニュースが出ましたね!!ありがとうございます!
    1年間で世界の格差がここまで拡大しているのに、大手メディアが一切報道しない。
    新聞を真面目に読んでいても世界の現状が全然把握できないことが悲しいです。

  3. アバター べだ より:

    パンドラ文書、日本の著名人の名前があったにもかかわらず、報道数が限られていますね
    日本には関係ないから、と切り捨てる人もいますが、高度にグローバル化社会では世界で起きていることすべてがどこかで私たちの社会や生活と繋がっていると言えます。これからもGNVにはこういった問題を取り上げてほしいです。

  4. アバター あもんぐあす より:

    日本の大手メディアは、私達が本来知るべきニュース(世界に大きなインパクトを与える情報)をより中立的に報道してほしいと感じました。
    トップ10に入った中でも、南半球に関する記事は初めて学ぶことが多く、読んでいて興味深かったです。
    来年も楽しみにしています!

  5. アバター ねね より:

    毎年自分が目にしてこなかったニュースを発見することができ、楽しみにしています。こうしてまとめてくださることで、さらにそこから興味を深ぼることができる、素敵な記事だとおもいました。

  6. アバター ぽちゃ より:

    SDGsが叫ばれる昨今、このようなニュースが報道されていなかったことを知り考えさせられました。「SDGsに関するこのような取り組みを行っている」などのプラスの面がメディアで多く取り上げられているような印象を受けていますが、マイナスの面にもしっかり目を向ける姿勢が必要だと感じます。

  7. アバター シドバミック より:

    報道量が0の出来事が多すぎて、朝日新聞で11記事報道されたパンドラ文書が多いように錯覚するが、11記事でも十分少ない。
    GNVの別の記事に日本との関係性が報道量に関係していると書いてあったが、ランクインした出来事を見ると本当にその通りだと思う。メディアは日本にとっての重要度ではなく、世界にとっての重要度を考慮するべきであると感じた。

  8. アバター 匿名 より:

    重大なニュースばかりだと感じましたが、正直この記事を読むまで知らなかったことも多かったです。
    報道量が0のものが多いのは、メディアの責任であると同時に、こうした問題に目を向けない私たち国民の責任でもあるなと反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA