アフリカ:スタートアップ企業の台頭とその課題

ウエダコウキ Koki Ueda

担当:東南アジア・オセアニア/ 役職:広報戦略リーダー・・・東南アジア・オセアニアの政治、経済、環境、人権、人々の暮らしなどを、普段報道されるものとは違った角度から捉えていこうと思います。

こちらの記事もどうぞ

2 レスポンス

  1. IA より:

    これまで高所得国が負の部分・マイナスの部分をどんどん外部化してうまみを得てきましたが、
    その負の部分を負わされてきた低所得国は、今もまだその影響を受けていることがよくわかりました。
    グローバル化と言うように世界が容易に繋がれる時代になったからこそ、マイナスの部分・都合の悪い部分をだれかに押し付けて見えなくすることはもう難しいです。

    あと、これまでビジネスはハード面が強かった(工場というハコをたてる等)と思いますが、今はITの時代でソフト・無形のものが重要な時代です。なので、大きな資源や土地を持っていなくてもビジネスで勝ちやすい環境があると思います。希望もあるなと感じました。

  2. HP より:

    発展途上国が、豊かな国になるために、自分には何ができるか考えたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Japanese