武力紛争にみる日本の人道報道を問う

Virgil Hawkins

Virgil Hawkins

役職:プロジェクトマネジャー / 大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授、南アフリカ フリーステート大学 客員教授 / 専門:国際政治(特にアフリカ)、メディア学

こちらの記事もどうぞ

3 レスポンス

  1. アバター 無明 より:

    後学のために一点気になったことがあり、コメントさせて頂きます。
    日本の報道における問題点はある程度分かりましたが、では欧米諸国では、すべての紛争について均等に報道されているのでしょうか。中東は?中国では?理想的な報道がされている国やマスメディアはあるのでしょうか。また、そうした報道はどの程度国民に届いていると言えるのでしょうか。
    ご多用のことと存じますが、もしデータや論文等でお示し頂ける部分がございましたらでしたらご教示頂けると幸甚です。

  2. アバター 匿名 より:

    ロシア、ウクライナのことは確かに盛んに報道されていますが、実際の所ロシア、ウクライナ内部にも報道されていない、見過ごされている人々が多々有るのではないでしょうか
    ↓リベラル系のメディアですらモスクワの声しか拾わず戦争に駆り出される貧しい辺境の人々を主体的な人間として捉えていないとする批判
    https://twitter.com/karizo2022/status/1523156967388487681
    チェチェン紛争だってそうです
    最近為されたばかりのイエメン内戦の停戦などの途上国の紛争情報が軽視されているのには憂慮を覚えますが、大国の中のにも報道されない声があるので、そうした点を記事にしていただけると嬉しいです。

  3. アバター KL より:

    度々ウクライナ色の洋服でテレビに出てきたり、涙目で「人道的」な発言をする高橋杉雄氏がまさにそうですよね・・・
    世界のあらゆる戦争を無視して、ウクライナ国民だけを同情の対象として扱う。
    https://www.youtube.com/watch?v=xJcPA1e0Wd4
    まったくおかしな話ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA