NHKは世界をどう見ているのか

Takumi Kuriyama

Takumi Kuriyama

担当: グローバルイシュー / 役職:マネジングディレクター・データベースシステム管理・グラフィック・・・環境問題、保健医療、移民難民問題など、国境を超えた問題を読者の皆さんに分かりやすく届けます。テレビや新聞では分からない世界の姿を発信していきます。

こちらの記事もどうぞ

3 レスポンス

  1. アバター 口笛 より:

    NHKの国際報道の傾向が新聞の報道の傾向と同じ部分も有れば、取り上げられる国・地域やトピックの偏りについてはより顕著に表れているという点がとても興味深かったです。またテレビ局が発信しているSNSはどのような傾向なのかについても気になりました。

  2. アバター 匿名 より:

    日本の報道に偏りがあることは問題だが、では他の先進国では日本よりも偏りなく国際報道が出来ているのかが気になった。ここまでの偏りがあり、重大なニュースを取り上げないことは改善すべきだが、人間が報道を行っている以上、興味や関心、利益があるものに偏ることはある程度仕方のないことだと思うので、、、。

  3. アバター まかろん より:

    1年間のテレビ番組の特集がまとめられていて、大変勉強になりました。テレビは、他メディア媒体の引用もしづらく、映像主体だからこそ、支局数等の関係で国別・地域別の偏りも大きくなるのだと、実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA